-
-
1,171 m
571 m
0
1.7
3.3
6.64 km

浏览次数: 472次 , 下载次数: 0次

邻近 Hachikabara, Saitama (Japan)

林道奥の駐車スペースに後から一台(二人パーティー)が来てビックリした。今年沢で殆ど誰も合わないし、冠岩沢は殆ど誰も入らないから。朝から雨が降って、小雨かか本降りに変わっていったけど水が少ない沢だと気にならない。ホルドが細かいF1は問題なく右壁を登る(トポには巻く)。2段15mはロープを出して、左壁を登る。ナットを準備していたけど付ける所がなくて、下から見えないけど残置ハーケンが十分に設定してある。次の滝はフリーで水線を登る(傾斜が緩やか)だけどぬるぬる部分があってタワシを効かせて登る。最後にハングして、ザックが邪魔なので右から小さく巻く。25mの大滝の下に着くと、リードで登るのを早速諦める(残置がないかつ、全てがぬるぬる、かつハングの部分がある)。左から巻いて、ロワーダウンで降ろしてもらう。リードで登る記録二つ見たけど、右から登るのも左から登るのもあった。右からは楽しくなさそう、左からは途中で通過出来なくて滝の更に左へ逃げた。自分は左からトップロープで登って行く。下はタワシを使っても凄く滑りやすい。激シャワーを浴びながら少しずつ進むけどハングの所に着くと右は足がない、左は手が遠くてジャンプしないと届かない。やっぱりリードで行くには現在の自分には技術が足りない。結局ロープを掴んで乗り越えた。一旦傾斜が緩くなって上までが見えるようになる。選んだルートはヤッパリ難しくて4級だと感じない。ホルドが無い所に着くとまたロープを掴んで進んだ。最後また垂直になってシャワーを浴びる。相手の番になる、2回落ちて、ロープを掴むこともあった。別のルートで少し楽だったかな。とにかく良い練習にはなる。次8m赤滝、左から取り付いて、ザックが邪魔になってナットを設定してからザックを置いて進む。一カ所ホルドが遠くてためらうけど持てばガーバーだった。これも4級にしては辛い。滝の後半は特にもんだなくて残置ハーケンとスリングもあって、普通に登れる。沢から出て右の稜線に薮漕ぎもせず比較的に簡単に登山道に着く。下山は登道から離れて道が不明瞭、急斜面を適当に下りて、距離にしてはペースが遅い。雨が止んだ所車に戻る。

评论

    您可以这条路线